ネット予約はこちら

9月1日より、CTドックを開設致しました。

ご興味のある方は上部バナーをクリックしてください。

心臓リハビリテーションに特化したクリニックが誕生しました。
みなみ野ハートクリニックfacebook

生活習慣病

生活習慣病

生活習慣病

日常の乱れた生活習慣の積み重ねによって引き起こされる病気の総称です。

かつては“成人病”などと呼ばれていましたが、生活スタイルの変化により、成人していない子どもが糖尿病を発症するというようなケースが増えていること、長年の生活習慣が深く関与していることなどを踏まえ、“生活習慣病”と称されるようになりました。

厚労省では「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」と定義しています。


では、具体的にどんな病気が”生活習慣病”と呼ばれるのでしょうか?

心臓病にはじまり脳卒中、消化器疾患や腎疾患・肝疾患、骨粗しょう症や通風、ひいては癌疾患に至るまで、多種多様さまざまな疾患が生活習慣病として挙げられますが、当クリニックではその中でも心臓疾患・動脈硬化性疾患と結びつきの強い糖尿病・高血圧・脂質異常・肥満・メタボリック症候群などに対して、積極的に治療を行なっております。

生活習慣病に陥りやすい習慣 セルフチェックポイント!

【食生活】
・食事時間が不規則
・外食する機会が多い
・味付けは濃いものが好み
・魚より肉料理が好きだ

【運動習慣】
・普段とくに運動はしていない
・近距離でも移動は車を使う
・階段よりエレベーターや
 エスカレーターを利用する
【ストレス】
・悩み事が多い
・イライラする

【生活全般】
  • 十分寝ているはずなのに疲れが取れない
  • 睡眠不足である
  • 寝つきが悪い、もしくは朝早くに目が覚めてしまいそのあと眠れない
  • どうしてもタバコがやめられない
  • お酒は飲みたいだけ飲む

当てはまる項目の多い方は生活習慣病の可能性があります。

健康診断や市民検診を受けたことがある方は、

もう一度そのときの結果を見返してみてはいかがでしょうか?

もし生活習慣病と診断を受けていたり、その疑いがある、と指摘されているのに放ったらかしにされている方は、早めに専門医にご相談されることをお勧めいたします。

生活習慣病は放置すると危険です!!

糖尿病・高血圧・脂質異常・肥満の4つは、死の四重奏や、サイレントキラー(沈黙の殺人者)などと呼ばれ、自覚症状が出にくいため放置されることが多いです。

しかし、これこそが全身の血管に動脈硬化性変化を引き起こし、その結果として、命に関わるような重篤な疾患である虚血性心疾患や脳卒中の原因にもなっています。

今、日本人にもっとも多い死因には「生活習慣病」が密接に関わっています。平均寿命は延び続けているものの、心臓病・脳卒中などの病気とつきあいながらの「長生き」である場合も少なくない現状があります。

心臓疾患や脳卒中など、命にかかわる疾患においては、大きな血管に障害が起きていることが多いとされています。

一方、目に見えないような毛細血管レベルにおいても動脈硬化は生じます。

小さな血管で動脈硬化が起きた場合には、例えば腎機能障害が進行し人工透析が必要になったり、網膜症から失明してしまったり、足の先がしびれて痛くなったり、それが進行して痛みが感じなくなり最終的には足壊疽などを生じ、足を切断しなくてはならなくなるなど、直接命にはかかわらないものの、生活の質を大きく損なうような事態を招く結果になることがあります。

検査はコチラ

生活習慣病の治療について

生活習慣病の治療について

生活習慣病の予防は、食事、運動、休養、ストレスとのつきあい方といったライフスタイルの改善から始まります。

病気を発見してから治すのではなく、日頃から自覚をもって、生活を改善していくことが重要です。

改善ポイントとは、すなわち別項でも述べた、生活習慣病に陥りやすい習慣を正すこと、これに尽きます!

  • 栄養バランスの良い食生活を心がけましょう。
  • 食事の量は腹八分目。食べ過ぎに注意しましょう。
  • 肉食・乳製品中心の食事(飽和脂肪酸を多く含む)より、魚類・植物性油(不飽和脂肪酸、とくにオメガ3脂肪酸を多く含む)を積極的に摂りましょう。
  • 規則正しい睡眠で休息をとるよう心掛けましょう。
  • 定期的に運動をしましょう。積極的に自分の足で歩きましょう。
  • お酒の飲みすぎに気をつけましょう。
  • タバコは止めましょう。
  • ものごとの「悪い面」にばかり目を向けるのではなく、「良い面」も見るようにしましょう。
  • 定期的な検査を行ない、早期発見早期治療を心がけましょう。また定期的な検査の中で、かかりつけの医師と良い関係を築き、生活・食事指導を受けましょう。


さらに 家庭の病歴について把握していくのも必要です。

家族から受け継いだ危険因子に悪い生活習慣病が加わると、発病の可能性が高まるからです。


すでに生活習慣病といわれたら・・・・

糖尿病、高血圧、脂質異常などなど、すでに生活習慣病であると診断されている場合も、まずはその根底となっている生活習慣の改善が治療の根幹となることに違いはありません。

みなみ野循環器病院では、『1に運動、2に食事、3,4がなくて、5に薬』と指導させていただいています。

これは決して投薬治療を軽んじているわけではありません。

最近ではその病気の本質に介入し、病気を表面上治すだけではなく、その根本から治してくれるような優れた薬が多数開発されており、患者さんもわれわれもその恩恵にこうむっています。

しかし、それらの薬がよい結果を導き出すのも、あまり効果が出ないのも、すべて、生活習慣の改善が行われたかどうか、それに大きくかかっています。まずは定期的・継続的な運動習慣を身につけること、そして規則正しい生活習慣、そして状態にあった食事を適切に摂ること、ここからすべては始まります。

その上で、糖尿病、高血圧、脂質異常などと診断を下された方に対しては、その疾患疾患に応じた治療を必要に応じてご提供させていただきます。

ただ医師に言われるがまま、出された薬を飲み、治療を受け続けるのではなく、患者さんが治療の意味と必要性を理解して、自身のご健康のために努力される。

その営みにおけるよきアドバイザーでありたい、患者さんが治療の主人公となるような診療を行って行きたい。

これがみなみ野循環器病院のめざす医療の姿です。